森林

​水源の森の木(国産材)を使う

まち研は 植樹活動を応援するだけではなく 水源の森の木を使うことが私たちの環境をより良くする、また水源地への利益をもたらし 環境を良好にすることが​可能になることを皆さんに伝える活動をしています

森の循環

木を使い森を育てる

いのちの森では 水源の森のお話をしましたが

森林の環境を整備するためには 日本の各地に70年前から植林した伐り時を迎えている杉やひのき、松を

伐採して建材、家具、小物、薪 ペレット 炭など くまなく使う(カスケード利用)ことが ここ数年実現しつつあります。

そして 木を植える 手入れをする(下草刈り 間伐)伐採して木材に加工する 循環を作る。

これが環境を良好にする為に必要な事なのです。​

木を使うことは日本の森を守ること

最近では 国立競技場など大建築物も建設されていることは知っていると思いますが、もっと身近に活用することは私たちにも出来るのです。

国産木材を 使いこなすことが森を育て 森を守ることにつながっていく

​私たちは 直接 水源の森の木を調達して 皆様に紹介しています

​私たちのの周りには以外にも輸入材がたくさんあることも気づいてみましょう

2006-05-18 01.56.37.jpg
国産材の梁
ペレットストーブ
LDK
国産パイン造作棚
手洗い
丸太を使う

​身近な国産木材を使おう

無垢の木材は人々の健康にも影響を与えます。
内装の木材には調湿作用があり夏は涼しく冬は暖かい環境に、香には癒しの効果もあります 
国産木材の室内やインテリア小物も安らぎの空間になります

​*アレルギーをお持ちの方は確認の上ご使用をお勧めします

ワークショップや販売

「木を使うことは 森をまもること」を

キーワードに、木を使ったワークショップ開催や 木材 木工品販売 木の住まいの体験会

小物、家具、インテリア、建築の相談や紹介をしています

20140907_213420_HDR.jpg
耳付カウンター
DSC_001_BURST20210919152357770.jpg